自分の手元というのは意外に人に見られているのかもしれない

あまり意識しすぎるのもちょっとおかしい気がしてしまいますが、意外に自分の手元というのは人に見られていたりするものです。
スマホの機種変更をしたり、カバーを変えたり、それからときどき気分転換に背景画像を変えたりするようなこともありますよね。
特に意味があったりするわけではないのですが、こういうことは他人にそれほど気付かれるのもではないと思っていました。
しかし、先日、友だちにあっけなく「あれ、背景画像変わった?」と聞かれて、思わずびっくりしてしまいました。
「よくわかったね」と言ってなぜ気が付いたのか聞いてみたのですが、なんとなく人とスマホはセットになって覚えているものだそうです。
私はあまりそういう風に意識したことがなかったのですが、自分が思っている以上に他人に自分のことは見られているのかもしれません。
別にだからどうこうするというわけではありませんが、そういう認識を持つというのも大切だと思います。
例えば物を投げたりぞんざいに扱ったりするような人というのは、あまりいい印象を受けませんよね。
そういう普段のちょっとした所作や行動というのは、じんわりじんわりと相手に自分の印象を与えている可能性があります。