絵本『月のうさぎ』3歳児には少し難しかったみたい

今日の読み聞かせは『月のうさぎ』という絵本にしました。うさぎ、さる、カニがお腹を空かせた老人(実は神様)を助ける話。さるとカニは食べ物を調達して老人に与えるけれど、うさぎは何も食べ物を見つけられない。だから自分を食べてくださいと自ら火の中に飛び込むというお話。お母さん、この絵本のあらすじを知らなかったとはいえ、この手の話は苦手である。自己犠牲で人助けも大事だけれど…自分の命は大事と子供には教えたいような…。まぁ3歳の息子には少し理解できなかったみたいだけれど。なんでうさぎが火に飛び込んだのか、理解出来る時が来たらウサギが死んだことを悲しく感じるかな〜それともウサギの行動をえらいと感じるのかな〜。最後は正体を現した神様が、自分がうさぎを死なせてしまった罪滅ぼしに、うさぎが大好きだった月に住めるようにさせてあげたので満月にはうさぎが見えるでしょ?という終わり方だったけど…神様、うさぎちゃんを生き返らせることはしなかったのね。死んで終わりの話は絵本でも小説でも何とも言えない読後感が苦手だわ。フルミーマカミウ