最近、ハイスクール現代を振り返ってみたらあんまりリア充だった(かも)

これは高校生受験もおわり、中学生の卒業型と高校生の入学型をバタバタしながら終え、
気がついたらGWも過ぎて夏場の厚さがこれから本格的になり始めた時のことでした。

俺は班長にロマンスをしました。きっかけなんてそれほどありませんでした。
ただ僅か趣味や見識が一致して一緒にいると楽しかったから。
それが理由だったのかもしれません。
カミングアウトは俺からしました。
告白する時は「清水のステージから下がる」とはこのことを言うのか、と言うほど緊張したのを覚えています。
正直なメッセージ、カミングアウトの時は懸念しすぎて自分でも何を言っているのか思い付かほどの混乱風だったと思います。
カミングアウトをし終えた帰路、俺は
「あぁ。賢くカミングアウトできんかったわ。最悪のカミングアウトや。今やパーフェクト振られたわ」
と憧れ、班長の応えを待ち受けました。

結果は束の間志望ではないかと皆さんを勘ぐりました。
見事に大丈夫してもらえたのです。

それから毎日のように放課後は2人でカラオケに行ったりショッピングをしたりと、
最近でいう近辺の「リア充」日々を満喫していました。
それでも、当時「リア充」と感じられなかったのは、俺が初めてのお人付き合いで極度に懸念し、
皆さんを大きく見せたり、相手に媚びを譲ることばかりに専心していたせいだと思います。

事後、散々な高校生日々が待っていたのですが、
それでも高校生3年間のこの時期は贔屓目に見ても幸せであったのだと思います。ミュゼ 100円

変成岩や気温という外圧条件などにおいて勉強した

変成岩などに対して勉学しました。変成岩ができたときの気温・重圧要件は、鉱物のファッションを足掛かりに推定することができます。例えば、石英ってひすき輝石若しくは、らん晶石が存在していれば、そこでの変成煽りは意外と高圧のもとで行われたことを示しています。これに対して、らん晶石がカタチせず珪線石や紅柱石が存在していれば、そこでの変成煽りは案外低圧のもとで行われたことを示しています。なお、らん晶石という珪線石・紅柱石、及びダイヤモンドという石墨は、別化学組成が同じでクリスタル構図のことなる鉱物であり、共に多特性(同質異像)の仲におけるといいます。島弧はじめ海関わりでの壮大変成岩の達成フロアだ。古めかしい時代の壮大変成帯のカタチは、当時その四方にプレートの収拾境界があったことを差し出すものであり、また古臭い時代の壮大変成帯を作ることによって島弧はじめ海溝関わりなどの地中の気配を推定することができます。知らない所を知れて良かったと思います。ミュゼ 鼻下