引退試合で同点ホームランそして来シーズンは監督へ井口選手引退です

ロッテの井口選手が引退します。引退試合となった日本ハム戦では9回に同点2ランを放つなど、まさに有終の美を飾りましたが、なんと来シーズンはロッテの監督就任が濃厚という事です。井口選手と言えば走攻守三拍子そろった選手として活躍しました。入団からホークスで活躍し、メジャーでもホワイトソックスでチャンピオンリングを獲得、日本球界復帰後はロッテで活躍し、2010年にはクライマックスシリーズで下剋上を成し遂げ、その勢いで日本シリーズも制するなど、数多くの頂点を経験してきた選手です。なかなかこんな経験をしてきている選手もいないでしょう。仮に監督就任が決まればメジャー経験者で初の監督という事になり、また球界に新たな1ページが開かれることになります。ジャイアンツ高橋監督など、近年監督やコーチ経験を経ないで引退後即監督になるケースが多くあり、批判されることもありますが、それだけ球界が変革にあるのかもしれません。井口選手の貴重な経験を後世に伝えるためにそんな批判を吹き飛ばす活躍を期待したいです。